ペッお通夜、葬式、葬儀、法事、法要の服装の作法やマナー及び準備の流れと手順など。葬儀費用の平均、戒名・法名がお寺より格安授与。
ペット火葬・動物霊園を見つけてください。ペット葬儀社、ペット火葬社、ペット霊園、動物病院、動物霊園、終活

ペットや一般用(人・故人)お通夜、葬式、葬儀、法事、法要の服装の作法やマナーについてです。

ペットや一般用(人・故人)お通夜および葬式葬儀の流れとマナーや手順を解説します。

スポンサーリンク

ペットお通夜、葬式、葬儀、法事、法要の服装の作法やマナーについて解説します。

悲しい出来事は、突然おこります。ご遺族、お身内がやらなくてはならないことが沢山あります。 お通夜、葬儀、お葬式、法事、法要まで、全体の流れを把握していただくとで、落ち着いて手配ができるのではないかと思います。ここではお通夜、葬式、葬儀、法事、法要の服装の作法やマナーについての概略をご説明いたします。

生前からお身内の方が葬儀業者や役場などと事前に相談されるのが最善だと思います。

お通夜なので黒色系でない地味な服装でも決して悪い事ではありませんが、非常に目だってしまいます。

お通夜およびお葬式、葬儀は、それぞれについて、服装にもしきたりがあります。

スポンサーリンク

ペットや一般用(人・故人)お通夜の服装は、喪服でなくても地味な服装であれば構わないです。

ペットお通夜の服装は、地味な服装であれば構わないです。


▼ 下記は、一般用(人・故人)通常のお通夜から法事までの流れです。


最近、お通夜に弔問される方を見ますと、喪服を着ておられるように思います。

当然、喪服がいけないとは思いませんが必ずしもそうでなくてもいいとも思います。

訃報を知り、取り急ぎ弔問に駆けつけるのですから、平服のほうが逆に自然であるとも思います。

地味目な服装が望まれると思います。また、葬式、葬儀、告別式には喪服が基本ですが、どうしても間に合わない時には、参列しないより平服でも地味な服装で参列するほうがいいと思います。

お通夜の服装の作法やマナー
・男性の通夜の服装

お通夜でしたら取り急ぎ参列するのですから平服で差し支えありません。会社の事務服や現場の作業服でこられる方もおられます。

男性は、基本的に黒の礼服となりますが、会社などからお通夜に行く場合は紺やグレーのダークスーツで地味目な服装が望まれると思います。

・ワイシャツは白系の色が望ましいです。


・ネクタイは黒の無地を着用します。また、基本的にネクタイピンは用いない方が良いいです。ネクタイピンを用いる時は光らない物ならよいです。カフスボタンも同じです。金時計など光るものは外したほうが望ましいです。


・女性の通夜の服装

女性は、インナーは白は避けた方が無難です。

女性は、オーソドックスな、肌を隠すデザインの服が服装が望まれると思います。

バッグや靴、ストッキングなども黒で統一します。 アクセサリーは光るものは避け、黒珊瑚、パール、ブラックパールなどをつけます。

・ハンカチは、白か地味な色の無地のものをつかいます。傘やコート類も、できれば黒色系、なければグレーなどをつかいます。

・靴はヒールのある黒いパンプスなどをつかいます。エナメルや爬虫類の革のものなどは差し控えます。サンダルも差し控えます。

・長い髪は、まとめて清潔で上品な印象にします。ヘアアクセサリーも派手なものは差し控えます。

・和服を着る場合には略礼装の「色喪服」(弔問や法事などで用いる、藤色、ねずみ、紺などの色無地三つ紋、又は一つ紋に、帯と小物を黒で統一したもの)をつかいます。

・地域によっては、しきたりの異なる場合もあります。心配であれば、周りの人に確かめてください。

・エプロンについては、お手伝いを、故人と近所で幼馴染で家族と気心が知れているならお手伝いをする場合も有りますが、基本的には一般弔問、関係では葬儀のお手伝いはしなくても良いです。


・子供の通夜の服装

小学生以下の子供は、白いシャツに紺やグレーの服を合わせます。制服があれば、それを着せます。

ここでは、遺族側(喪主、遺族、親族)、会葬者側(弔問客)について、それぞれの通夜や葬儀告別式の服装をご説明いたします。

   喪主、遺族  会葬者、弔問客
通夜 通夜での、遺族の服装 通夜での、会葬者の服装
葬儀・葬式・告別式 葬式、葬儀での、遺族の服装 葬式、葬儀での、会葬者の服装

弔問客、会葬者側の通夜に弔問する際の服装

弔問客は、通夜にはあまりきちんとした喪服でかけつける必要はありません。 むしろ<亡くなるのを待って、あらかじめ準備していたようだとも受け取れますので、喪服でなくても地味な服装であれば構わないです。これが本来のしきたりでした。 訃報を聞いて、急いでかけつけたという形となりますが、それでも派手なアクセサリーや派手な色の服は避けたほうが望ましいです。 ただし、最近は、通夜のみの弔問で済ませることも増えてきたため、喪服での出席者が多く見られます。喪服で弔問する場合には、遺族の服装よりも格上にならないようにします。

お通夜の弔問客、会葬者の服装
  男性 女性
大人
グレー、紺、黒の、無地のスーツ。できればネクタイも黒をおすすめします。

もし喪服で参列する場合は、上下黒のブラックスーツ。ワイシャツは白ネクタイ、靴下、靴は黒です。
黒、紺、グレーのワンピース、スーツなど地味で装飾の少ないものをおすすめします。

もし喪服で弔問する場合は、黒いワンピースまたは黒いスーツ。肌を多く露出するものは差し控えます。ストッキングは肌色か黒です。靴、バッグもすべて黒です。
冬場の黒いタイツは大丈夫です。
子供
学生の場合は制服で弔問、会葬します。
制服が無い場合はブレザーと白シャツに無地の黒、紺、グレーのズボンなどです。
学生の場合は制服で弔問、会葬します。
制服が無い場合はブレザーと白ブラウスに無地の黒、紺、グレーのスカートなどです。
明るい色のリボンや髪飾りは避けます。

弔問客、会葬者側の葬式、葬儀に会葬する際の服装

葬式・葬儀に喪服で弔問する場合には、遺族の服装よりも格上にならないように略礼服か準喪服にします。 女性の場合は、アクセサリーは結婚指輪とパールのネックレス程度にします。

葬式、葬儀の弔問客、会葬者の服装
  男性 女性
大人
上下黒のブラックスーツ。スーツはシングルでもダブルでも構いません。
ワイシャツは白、ネクタイ、靴下、靴は黒、ハンカチは白です。

黒いワンピースまたは黒いスーツ。肌を多く露出するものは差し控えます。ストッキングは肌色か黒。靴、バッグもすべて黒にします。
ハンカチは白、黒、グレーなど。

アクセサリーはなしでも構いませんが、つける場合には結婚指輪とパールのネックレス程度にします。ブラックパールも良く用いられます。


和服の場合は、黒喪服または一つ紋か三つ紋付きの地味な色無地。帯は黒です。

・冬の服装
上記の服装です。女性の場合、冬場の黒いタイツでもかまいません。

・夏の服装
夏でも上着なしや、ブラウスではマナー違反です。夏には男性は背抜きの上着や、女性は裏地のないジャケットなど、通気性の良いものを着用しても大丈夫ですし、上着のない礼服ワンピースでもかまいません。また半袖の礼服ワンピースなどもかまいません。ただし肩が出るデザインは差し控えます。
夏の葬儀について、裏方のお手伝いの場合は、半袖のブラウスでも良いでしょう。白、黒など地味なものを着用します。
  男の子 女の子
子供

学生の場合は制服で会葬します。
制服が無い場合はブレザーと白シャツに無地の黒、紺、グレーのズボンなどです。

靴はできるだけ黒、もしくは白などです。
靴下は白、紺、グレーなどです。

 

学生の場合は制服で会葬します。
制服が無い場合はブレザーと白ブラウスに無地の黒、紺、グレーのスカートなどです。
明るい色のリボンや髪飾りは避けます。

靴はできるだけ黒、もしくは白などです。
靴下は白、紺、グレーなどです。
幼稚園児以下の小さな子供にカチッとした服装をさせるのが難しいことがありますね。正式な服装ではありませんが、夏期などで、どうしても子供が暑がる場合には白・黒・紺の半袖ポロシャツ(無地かワンポイント程度のシンプルなもの)で紺、黒、グレーのズボン(もしくはスカート)なども良いでしょう。

 

喪主、遺族側の通夜、葬式、葬儀、法事・法要の服装

本来、通夜では遺族は略式喪服でも良いとされていましたが、最近では正式喪服で通夜も葬儀も通すことが増えています。

葬式、葬儀の喪主、遺族の服装
    男性 女性
喪主 和装 ・正礼装
黒羽二重の染め抜き五つ紋付袴です。

・正礼装
黒羽二重の染め抜き五つ紋付です。
帯、帯締め、帯揚げ、草履、バックは黒です。
足袋と、半襟は白です。

・冬の服装
上記の服装です。
・夏の服装
夏は絽の喪服(7月〜8月)。その他の暑い季節は単衣になります。
洋装 ・正礼装
モーニングコートに黒のネクタイ。ストライプのズボンを着用。カフスも黒にします。 靴下も靴も黒。ベルトのバックルが光らないようにします。
・礼服
最近の葬儀の場合には、上記で紹介した正礼装(モーニングコート)ではなく一般的な礼服であるブラックスーツを喪服として着用する方も多くなっています。ブラックスーツに黒のネクタイ。ワイシャツは白、靴、靴下は黒です。
スーツはシングルでもダブルでもかまいません。 (ダブルの方がシングルよりも格上という俗説がありますがそれは誤りで、この両者の格に差はありません。)
・正礼装
黒無地、 長袖の光沢のないワンピース。ワンピースやアンサンブルなどです。ベルトやボタンが光らないようにします。ストッキング、靴は黒です。
・冬の服装
上記の服装です。女性の場合、冬場の黒いタイツはかまいません。
・夏の服装
夏でも上着なしや、ブラウスではマナーに反します。夏には男性は背抜きの上着や、女性は裏地のないジャケットなど、通気性の良いものを着用しても差支えないです。
遺族 和装 ・喪服
黒無地に五つまたは三つ紋付羽織と対の長着です。
・喪服
黒無地五つ紋付に黒帯です。
帯締め、帯揚げ、草履、バックは黒です。
足袋と、半襟は白です。
・冬の服装
上記の服装です。
・夏の服装
夏は絽の喪服(7月〜8月)。その他の暑い季節は単衣になります。
洋装 ・喪服
ブラックスーツに黒のネクタイ。カフスも黒にします。靴下も靴も黒。ベルトのバックルが光らないようにします。
スーツはシングルでもダブルでも構いません。ハンカチは白、黒。なければ、紺、グレーなどです。
・喪服
黒無地、 長袖の光沢のないワンピース。ワンピースやアンサンブルなどです。ベルトやボタンが光らないようにします。ストッキング、靴は黒です。
ハンカチは白、黒、グレーなどです。
・冬の服装
上記の服装です。女性の場合、冬場の黒いタイツはかまいません。
・夏の服装
夏でも上着なしや、ブラウスではマナーに反します。夏には男性は背抜きの上着や、女性は裏地のないジャケットなどです、通気性の良いものを着用しても差支えありません。
その他 ・子供の服装について
学生の場合は制服で会葬します。
制服が無い場合は、男の子はブレザーと白いワイシャツに無地の黒・紺・グレーのズボン、女の子はブレザーと白ブラウスに無地の黒、紺、グレーのスカートなどです。
明るい色のリボンや髪飾りは避けます。
靴はできるだけ黒、もしくは白などです。
靴下は白、紺、グレーなどです。

正式な服装ではありませんが、夏期などで、どうしても子供が暑がる場合には白・黒・紺の半袖ポロシャツ(無地かワンポイント程度のシンプルなものです)で紺、黒、グレーのズボン(もしくはスカート)なども良いでしょう。
・赤ちゃんの服装について
小さな赤ちゃんを連れての会葬はなるべく控えたいものですが、故人が家族や親族である場合にはなかなか難しいものです。泣いたり、ぐずったりした場合に備えてなるべく席をはずしやすい場所で参列するようにします。
赤ちゃんの服装で黒を探すのは、なかなか難しいものですが、赤やピンクなどの色はやはり避けるようにします。新生児服や乳児用のベビー服の白は差支えありません。手に入るようであれば、モノトーンのものを着用します。難しければ薄い水色や、ベージュなどです。
グレー色の赤ちゃん服などもあります。

 

法事・法要の際の服装
遺族 ・遺族は、三回忌までは喪服が基本です。 七回忌以降は略式喪服や地味な色の服装で構いません。
参列者 ・参列者は、初七日から四十九日法要は略式喪服を着用します。一周忌以降の年忌法要の場合は略式礼服または地味な服装で。七回忌以降は、地味であれば平服でも構いません。

 

通夜振る舞いの流れ及び手順は次のページで説明します。


スポンサーリンク

■ エンディングノートプレゼント 営業・セールス等の電話はありません。

■  下記は、一般用(人・故人)ですがペットについても記入する項目もございます。

エンディングノート等の資料請求方法

下記画面の右上のWEBで資料請求をクリックして、氏名、住所等入力後※エンディングノートプレゼント希望の方は「今すぐ資料請求をする」を選択してください。

終活、資料請求で無料のエンディングノートプレゼント1。

終活、資料請求で無料のエンディングノートプレゼント3。
▼エンディングノート資料請求の方法等、説明ページへ

葬儀、葬式の終活、エンディングノートプレゼント1

▼ 終活、WEB資料請求(無料)により、届いた資料に、5000円割引券がついています。▼

葬祭・葬儀・葬式、終活エンディングノートプレゼント1 葬儀、僧侶派遣、終活エンディングノートプレゼント2

▲終活、WEB資料請求でエンディングノートプレゼント希望の方は「今すぐ資料請求をする」を選択してください。

▲ 終活、資料請求先から営業・セールス等の電話はありません。 ▲


ペットの会とは

趣旨


家族同様の大切なペットを最期の時まで愛し、きちんと供養してあげたいと願う方のためのペットの会です。 信頼できる業者の選び方など、ペット葬儀社、ペット霊園、動物霊園、動物病院、ペット病院、ペット火葬 を詳しく解説いたします。 皆様にペットとの心残りなくお別れをしていただくお手伝いが少しでもできれば幸いです。
お身内やご家族に負担をかけないためにも、 ご自身に合ったペット供養などをペットの会の趣旨としています。
また、
ペット供養などの僧侶を派遣しての法事・追善供養なども執り行なっていません。 ※檀家さんの場合は、事前に住職とお話し合いを持たれる事をお勧めします。 お寺さんとのお付き合いがありますので了解の上、ペットの会をご利用下さい。

ペット火葬、ペットの葬祭・葬儀・葬式及び法事・法要のマナーや終活など

ペット火葬、ペットの葬祭・葬儀・葬式の手配と法事・法要の僧侶の派遣について


※一般用(人・故人)通常の葬儀・葬式は、寺院の僧侶においでいただき通夜と告別式を行います。 その際にご近所や仕事関係の方々にご参列いただき、 葬儀・葬式に2日で葬儀費用の平均は、地域により差はございますが約200万円前後をお葬式の費用に費やすことになります。
さて、ペット葬儀・火葬の費用平均や相場は、葬儀にかかる費用は、各ペット葬儀社やペット霊園、動物霊園によって様々です。
ペットの大きさ、サイズごとに費用も変わりますし、ペット葬儀パックプランによっても変わります。 葬儀費用で大半を占めているのは、ペットの火葬代や自宅などでペットの供養の時、僧侶へのご供養代、お布施代などです。 ペット火葬費やペット葬儀費用につきましたは、別のページで説明いたします。
また、全国約3,000カ所以上の葬儀場やペット霊園、動物霊園など、すぐに最適な葬儀場・斎場をご案内させていただきます。

   

※一般用(人・故人)葬祭・葬儀・葬式の法事・法要の種類などについて


法要とは、お仏壇やお墓、寺院などで、仏さまや故人の供養です。 初盆、新盆、お盆、お彼岸、納骨法要、開眼法、要閉眼法要 などです。
中陰法要とは、四十九日法要までの7日ごとに行われる法要ことです。
初七日法要、二七日法要、三七日法要、四七日法要、 五七日法要、六七日法要、四十九日法要、百ヶ日法要中陰法要 などです。
年忌法要とは、命日の1年後に勤めるのが一周忌、2年後が三回忌です。
一周忌法要、三回忌法要、七回忌法要、十三回忌法要、 十七回忌法要、二十三回忌法要、二十七回忌法要、 三十三回忌法要、三十七回忌法要、四十三回忌法要、 四十七回忌法要、五十回忌法要年忌法要 などです。
※一般用(人・故人)法事・法要の寺院手配サービス

葬儀、法要、法事は、浄土真宗、浄土宗、時宗、曹洞宗、臨済宗、黄檗宗、律宗、日蓮宗、真言宗、天台宗、融通念仏宗、華厳宗、法相宗、その他仏教宗派など、お付き合いのある寺がない方や菩提寺のある方でもお寺が遠距離で来れないなど、葬式や法要などしていただける寺院、葬儀社のお手配を、全国どこでも定額の葬儀費用で承ります。
浄土真宗 西本願寺を本山とする「本願寺派」、東本願寺を本山とする「大谷派」のほか、多数の派があります。「親鸞」が開祖です。浄土真宗の教えは、愚かな人間が阿弥陀仏のはたらき(南無阿弥陀仏)を信じお念仏をして浄土に往生し仏となることを明らかにしています。日本最大の信者数です。
浄土宗 総本山の知恩院のほか7つの大本山があります。親鸞の師「法然」が開祖です。人格を高め、社会のためにつくし、明るい安らかな毎日を送り、往生(極楽浄土に生まれること)を願う信仰です。
臨済宗 「栄西」が開祖です。南禅寺・大徳寺など14の大本山があり、それぞれ一派をなします。禅問答によって哲学を深め、一休さんでおなじみです。
黄檗宗 黄檗(おうばく)宗。「隠元」が開祖です。京都宇治市の萬福寺が大本山です。隠元(インゲン)禅師の招来された文物は、美術、医術、建築、音楽、史学、文学、印刷、煎茶、普茶料理等広汎にわたり、宗教界だけにとどまらず、広く江戸時代の文化全般 に影響を及ぼしました。この他、隠元豆・西瓜・蓮根・孟宗竹・木魚なども禅師の招来によるものです。
律宗 大乗仏教の宗派の一つで、日本には754年鑑真が南山宗を伝え、東大寺・筑紫の観世音寺・下野の薬師寺を三戒壇とし、律宗本山として唐招提寺を建立しました。現在唐招提寺を本山とする律宗と、西大寺を本山とする真言律宗があります。
日蓮宗 「日蓮」が開祖です。お釈迦(しゃか)さまの説かれた最高の教えで法華経(ほけきょう)をよりどころにする宗派です。一般の信徒には「南無妙法蓮華経」と唱えるよう指導され、身延山(みのぶさん)久遠寺(くおんじ)が総本山です。
真言宗 弘法大師空海が開祖です。京都の東寺と高野山金剛峯寺を頂点とし、そのほか多数の総本山があってそれぞれ一派をなします。インド・中国で失われた密教の正統派を受け継ぐ密教の中の密教です。総本山の一つ醍醐寺は修験道当山派の本山でもあります。
天台宗 伝教大師最澄が開祖です。比叡山延暦寺と園城寺(三井寺)を総本山とする。比叡山は修行道場として名高く法然・親鸞・一遍・栄西・道元・日蓮・源信・良源・天海など壮々たる面々がここから巣立って行きました。系列の聖護院は修験道本山派の総本山です。
時宗 「一遍」が開祖です。神奈川県藤沢市の清浄光寺が総本山です。念仏や 声明にあわせて、鉦(かね)、太鼓をたたいておどり、諸国遊行(ゆぎょう)のおりに踊念仏をおこない、ひろめたと言われています。
曹洞宗 「道元」が我が国に伝え、「瑩山」(けいざん)が一層盛んにされました。福井の永平寺および横浜の総持寺を大本山です。
華厳宗 華厳宗(けごんしゅう)奈良の大仏で知られる東大寺は華厳宗の本山です。
法相宗 五重塔で知られる薬師寺は法相宗の本山です。応理円実宗(おうりえんじつしゅう)・有相宗(うそうしゅう)・相宗(そうしゅう)などの異名をもっています。
融通念仏宗 大念仏宗ともいいいます。大阪市の大念仏寺が総本山です。(大阪市平野区)信徒数約十二万人、寺院数約360。他に来迎寺・極楽寺・大念寺(大阪府)が本山です。
その他仏教宗派 お付き合いのある寺がない方は、お葬式でお勤めをしていただける寺院のお手配を、日本全国どこでも葬儀費用など定額のお布施、戒名料で承っております。

※宗派により、ペット納骨は、宗旨や宗派を問ないで納められる本山などのお寺もありますので、ご自身でお問い合わせ下さい、ペットの気持ちや飼い主の気持ちを尊重した上で、ご家族でよく、生前より飼い主やお身内とご相談されることが最善です。また、ペット仲間や知人の口コミや評判を参考にしましょう。

ペットの危篤、臨終、死亡から納棺、お通夜、葬儀の流れ・戒名料、葬儀費用の平均、納骨の手順を含む流れを順番にご説明します。

ペット葬式、ペット葬儀の流れとマナーや手順を解説の一覧です。

 

ペットの会|葬式、葬儀の流れとマナーや手順や葬儀費用の解説の一覧

 

ペット葬儀・霊園の安い終活 葬儀、葬式の費用 戒名とは 戒名授与証 戒名の授与
 
  
戒名の申込 ノート型の遺言、エンディングノート    
ご逝去
 ↓
危篤・臨終 葬儀、葬式の流れ 死亡の確認と死亡診断書  
通夜
 ↓
お通夜などの準備 お通夜の確認事項 お通夜、葬儀、葬式、法要の服装 通夜振る舞い
葬儀・告別式
 ↓
お葬式・葬儀の準備 お別れと出棺、骨あげ 還骨法要、還骨勤行 初七日法要、法事
  精進落とし 香典返し・不祝儀のお返し 葬儀費用 戒名料
葬儀・告別式終了後
 ↓
忌明け法要(四十九日)、法事 納骨・納骨式、法要・法事 初盆・新盆の法事、法要1 初盆・新盆の法事、法要2
  一周忌法事、法要 一年に満たない日数での追悼法要 一周忌法要から三十三回忌法事 葬儀費用、葬式費用の平均、相場
お寺の布施・本山納骨など お布施・戒名、法名、法号の費用 お寺総本山、大本山、本山、納骨 お寺の葬儀、法要、納骨など終活 墓地、霊園情報|納骨や終活
  斎場、葬祭場情報|終活 お墓、墓石 ペット仏壇、ペット仏具、ペット位牌、格安、通販 ペット電報、ペット弔電
ペットの会情報 ペットの会個人情報保護 ペットの会の相互リンク ペットの会特商法表示 お問い合わせ

ペット葬儀・霊園の安い終活